泡盛入り日本酒「SAKE×AWAMORI(16度)」新発売!(OneSpirit/那覇市)

  • [公開・発行日] 2022/07/19
   

株式会社OneSpirit(那覇市/仲里彬社長)は、日本酒の造り酒屋、田嶋酒造株式会社(福井県)と共同で開発した日本酒「SAKE×AWAMORI(16度)」を7月20日(水)より販売する。250本限定。

日本酒に蒸留酒を添加する技法は、腐造防止や風味の向上等を目的に江戸時代より伝統的に行われてきたが、琉球泡盛を利用するのはおそらく世界初の試みとなる。

sakeawamori

販売に先駆け提供されたサンプルを試飲したところ、辛口の清酒とはまた一味違うスッキリとした口当たりで、飲みやすいながらも酒としての力強さ、ふくよかさも併せ持つ新時代の清酒といった面持ちであった。

田嶋酒造株式会社の杜氏田嶋雄二郎氏は、清酒の品質をより向上させる添加酒を探求する過程で、日本を代表する蒸留酒である泡盛に着目し、泡盛に精通するOneSpirit社との共同研究を開始。やがて清酒のうまさを底上げするする琉球泡盛、”尚”にたどり着いた。

尚は、泡盛蔵12社が同じ商標を使う、これまた世界的にも稀有な泡盛。複数回蒸留することにより生まれたスムーズな口当たりと華やかな香りに特徴があり、次世代泡盛とも謳われる。

その尚を添加することで、福井県産の五百万石を大吟醸規格まで精米し、さくら酵母を使用して醸造した清酒から、なぜかイチゴ様のフルーティな香りをも含む異次元清酒が誕生した。

OneSpiritの仲里社長は、SAKE×AWAMORIの飲み方として、冷やして、または、氷をひとつ加えたロックスタイルで果実味溢れる香味を楽しんでほしいと提案する。

OneSpiritと田嶋酒造の共同開発は現在も進行中であり、更に研鑽を重ねた第二弾、第三弾を展開予定とのこと。

価格は、フルボトル(720ml)で3,630円(税込)。販売は那覇市末吉町の瑞穂酒造敷地内で、20日(水)午後2時より。

(二代目預)

sakeawam

<商品詳細>
商品名:SAKE×AWAMORI (Blue Ver.)
発売日:2022年7月20日(水)14 時より
※Black Ver.は田嶋酒造にて 6//11(土)より発売中。
限定本数:夏250本、秋250本(ひやおろし)
価格:3,630 円(税込み)
※1 ケース(6 本)購入で特別価格設定、3ケースまで購入可能。
製造者:田嶋酒造株式会社(福井県福井市)
販売者:株式会社 OneSpirit(沖縄県那覇市)
原材料名:米(福井県産)・米麹(福井県産米)・泡盛(沖縄県産)
原料米:福井県産五百万石
精米部歩合:50%(大吟醸規格)
添加用泡盛:尚 MIZUHO
日本酒度:+4
アルコール度数:16 度
内容量:720ml

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報



プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る