逸材探訪 ~鑑定官が若き匠に聞く~(崎山酒造廠編)

  • [公開・発行日] 2017/06/19
    [ 最終更新日 ] 2018/06/06
   

小濱:それで泡盛メーカーに就職を?

2017_look-for-outstanding-talent_vol7_sakiyama-shuzoshou07比嘉:最後までゆれてはいました。アメリカで働きたいという気持ちもありますから。友人に相談したら「アメリカで泡盛を造ればいいじゃないか」ともアドバイスを受けたり。アメリカにいるとき、泡盛メーカーの求人情報は入らないですしね。

小濱:過去の取材でも、求人が表向きはないという話が時々でてきましたね。

宮本:それでどうしたんですか?

比嘉:アメリカからいくつかの泡盛メーカーに履歴書を送ったんです。

小濱:それはびっくりしたでしょうね、届いた蔵は。なんだろうね?これみたいな。

平良:崎山でもちょっとした話題になってましたよ。

2017_look-for-outstanding-talent_vol7_sakiyama-shuzoshou08宮本:行動的ですよね全般的に。

比嘉:そうでもしないと、アメリカでは何も情報がないので。ただ、冗談だと思われたのか、結局どのメーカーからも返事をいただけなくて、崎山酒造廠からだけは「帰国した際は遊びにきてくださいね。」と返事をいただいたんですよ。それから、だいぶ時間は経ちましたが、最終的に帰国した際に、そういえばということで、崎山酒造廠に見学に来たら、専務が自分のことを覚えていてくれて「いつから来る?」みたいな流れに。

小濱:即、採用みたいな(笑)。

比嘉:いちおう試用期間も含めてということですが。こんな細かい話していいのかな?その時、平良さんとかもいたから、良かったのかな?

2017_look-for-outstanding-talent_vol7_sakiyama-shuzoshou09平良:見てました!

小濱:この人はどうか?とチェックしていたわけですね。

平良:帽子をかぶっていたので「帽子とれや!」って思ってましたね(笑)。

一同:笑い

宮本:それは問題ですね。

2017_look-for-outstanding-talent_vol7_sakiyama-shuzoshou10比嘉:いやアメリカー(アメリカ人)だよ。その時は、俺アメリカ-さ。

一同:笑い

比嘉:こんな感じですかね。

宮本:大きく世界をまわって、やっと崎山酒造廠に着地した感じですね。

比嘉:あっ!崎山酒造廠の、こ、の、人、といいますか、専務も、社長も、ふくめて、人、の雰囲気が、よ、くて、崎山酒造廠を…。

宮本:急にかたくなりましたね(笑)。

平良:無事に着地したので良いこと付け加えようかなって(笑)。

比嘉:大丈夫ですかね?自分の話おもしろいですかね?

小濱:大丈夫です。とても興味深いです。ありがとうございます。それでは、平良さんも自己紹介をお願いします。

2017_look-for-outstanding-talent_vol7_sakiyama-shuzoshou11平良:はい。崎山酒造廠製造部の平良良弥と申します。今年で36歳の年男です。高校は読谷高校を卒業しましたので、津波とは先輩、後輩の関係になります。趣味は、スポーツ全般が好きで、地域のスポーツ大会などでは、バレー、サッカー、バスケ、陸上など積極的に参加しています。

小濱:盛りだくさんですね。

平良:体を動かすのが好きで、でも最近歳も歳なので、けっこう体にむち打って無理やり動かしている感じですかね。スポーツ以外でもカラオケとかも好きです。

小濱:幅広いですね。津波さんとは出身高校が同じということですが、これは偶然なのですか?

平良:そうですね。津波が入社した後に出身地と出身高校を聞いて、読谷か!みたいな感じで。

津波:その時から少し平良さんに対する態度をあらためまして。

平良:津波がすぐつっかかるようになりまして(笑)。

宮本:そちらですか!?逆かと思いました。

次ページへ続く

ページ:
1 2

3

4 5 6 7
[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報


プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る