琉球泡盛倶楽部、希少古酒で、古酒の日を祝う。(平成27年9月6日)

   

9月6日(日)琉球泡盛倶楽部(長嶺哲成会長)は、古酒の日(9月4日)を祝うイベントを料亭那覇(那覇市辻)で開催し、泡盛古酒愛好家約40人が集結した。同会が古酒の日記念イベントを開催するのは今回で5回目。

h27_ryukyu_awamori_kurabu_kosyuイベントでは、黒真珠(八重泉)43度24年以上、瑞穂(瑞穂酒造)43度、甕貯蔵35年以上。松藤(崎山酒造廠)無濾過18年を中心に、普段口にすることができない貴重な古酒が、琉球料理とともにふるまわれた。

テーブルごとにに小分けされた古酒の封が切られると、「まろかやだ!」「うまい!」と各テーブルから感嘆の声があふれ、会場は一気に盛り上がりを見せた。

会員の中には、ちぶぐゎ(おちょこ)に古酒を満たし、そのまま数十分間じっと我慢し、その後口に運ぶものもいた。そうすることで、古酒が開き(香りと味の深みが増し)最高の状態の古酒が味わえるのだそうだ。h27_ryukyu_awamori_kurabu

また、会員の一部には自らが自宅で育てた古酒を持参し参加者に振るまう者も。中には数千本の瓶古酒を個人で育てているという強者もおり、琉球泡盛倶楽部の会員のレベルの高さを伺わせた。

当日、良く育った古酒に華を添えた料亭那覇の料理は以下のとおり。

<<御品書>>
1.前菜三点盛
2.刺身一種盛
3.有頭エビ雲丹焼き
4.グルクン唐揚げ
5.テビチ煮付け
6.どぅるわかしー
7.こんにゃく土佐煮
8.どぅる天
9.とーふよう
10.ゴーヤチャンプルー
11.ジューシー
12.アーサ汁
13.ぜんざい

参加費:会員5,500円、一般6,000円
会場:料亭那覇(那覇市辻2-2-11)

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る