仕次ぎ古酒コンクール感謝状贈呈式4月25日(水)開催(県立博物館・美術館)

  • [公開・発行日] 2018/03/29
    [ 最終更新日 ] 2018/04/13
   

平成30年3月13日、泡盛仕次ぎ古酒・秘蔵酒コンクール開催検討委員会(沖縄国税事務所など)は、沖縄県酒造組合会議室(那覇市港町)にて、第5回目となる検討会を開催した。平成30年2月27日(火)に、沖縄国税事務所(那覇市泉崎)で行われた泡盛仕次古酒・秘蔵酒コンクールの品質評価会を受け、評価会に関する意見交換及び出品者への感謝状贈呈式の調整のため。
2018_04-25_ceremonial-presentation-ceremony-for-pour-in-koshu品質評価会においては、審査員から「シャム南蛮甕は甕の特長が強い」「仕次ぎを行うことで、全体的に落ち着いた上品な泡盛になる」「味わいに甘みを増す」などの様々な意見が出たことが紹介された。

また、審査方法に関しても次回開催に向け、グラスの形状やサンプルの量、審査環境等について意見交換が行われた。

加えて、平成30年4月25日(水)13時から沖縄県立博物館・美術館講堂で開催が予定される、出品者に対する感謝状贈呈式の詳細についても議論された。感謝状贈呈式においては、各部門別に優良な泡盛の出品者による講演も計画されている。

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

ページ上部へ戻る