泡盛部(東京都世田谷)の久米島強化合宿に同行!(文・浜田隆幸)

   

2017_04-28_i-accompanied-kumejima-strengthening-camp-in-awamori-club-activities_setagaya-tokyo01「泡盛が沖縄料理の時だけじゃ寂しすぎる。泡盛のBGMが琉球民謡だけじゃ悲しすぎる。“もっと泡盛を日常に”」をスローガンとして、東京都世田谷区の酒屋“升本屋”を活動拠点に泡盛を楽しむ泡盛愛好家集団がある。“泡盛部”である。

泡盛部は2008年10月に発足し、毎週木曜日の20:00~22:00に升本屋に集合。毎回違う泡盛蔵の一般酒1銘柄をストレート・ロック・水割り・お燗で飲み比べ、テイスティングシートに印象などを書き込んでいく作業をレギュラー会として開催している。テイスティングシートに書き込む項目もユニークで「どの飲み方が好みか?」に始まり「 合わせたい料理・肴は?」 「合わせたい音楽は?」「ラベルについての印象」など。これまでにレギュラー会に参加した泡盛愛好家は400名を超えるという。

レギュラー会以外にも総括会、extra会、強化合宿などさまざまな活動を行っており、毎年味部門、ラベル部門の二部門でそれぞれ評価が高かった泡盛蔵を“アワモリ・アワード”として表彰している。

今回は、そんな泡盛部の第7回目の強化合宿が3月4日から5日まで久米島で開催されるということで、同行した。

これまでの強化合宿では、アワモリ・アワードを受賞した酒造所に出向いて、その酒造所を表彰するイベントも兼ねていたが、今回は、表彰とは関係なく、これまで泡盛部が訪れたことのない久米島にしたという。

3月4日に久米島空港に到着した泡盛部メンバーは、久米島空港から貸し切りバスに乗り込むとすぐ、各々持参したマイカップに泡盛を注いで飲み始めた。さすが泡盛部の(肝臓)強化合宿である。
2017_04-28_i-accompanied-kumejima-strengthening-camp-in-awamori-club-activities_setagaya-tokyo02初日は、久米島にある二つの酒造所の一つ(株)久米島の久米仙の蔵見学からスタート。取締役常務の島袋さんから蔵の説明を聞く部員の表情は、いつになく真剣である。久米島の久米仙の蔵見学が終わると、ひきつづき同じ町内にある米島酒造へ。代表の田場さんからの説明にこちらも熱心に耳を傾けていた。
2017_04-28_i-accompanied-kumejima-strengthening-camp-in-awamori-club-activities_setagaya-tokyo03日が暮れても泡盛部の勉強会は終わらない。蔵見学でもお世話になった、久米島の久米仙の島袋さんと仲宗根さん、米島酒造の田場さんと嘉数さんを交えての宴会、もとい勉強会。もちろん一次会、もとい一時限だけでは終わるわけもなく、場所をスナックに変えて二時限目も行われた。
2017_04-28_i-accompanied-kumejima-strengthening-camp-in-awamori-club-activities_setagaya-tokyo042日目の午前中は久米島博物館へ行き、久米島の歴史や文化についても吸収。
2017_04-28_i-accompanied-kumejima-strengthening-camp-in-awamori-club-activities_setagaya-tokyo05昼食を挟み、景勝地ハテの浜へ。綺麗な海と泡盛を堪能しつつ、まったりと久米島の時間を楽しんだ。合宿終了後も、一部の部員たちは久米島や那覇で延泊し、自主トレに汗を流すという。

後日、第6期のアワモリ・アワードが決定したとの知らせがあった。第6期の泡盛アワード味部門は「守禮」(神村酒造)が初受賞!そして、ラベル部門では「宮の鶴」(仲間酒造所)が3連覇したとのことだ。秋ごろに予定されている次の強化合宿で、これらの蔵は“勝手に押しかけられ”表彰される。

泡盛部への入部条件は「“泡盛が好き”または“活動に興味がある”20歳以上の方」とのことだ。興味がある方は、門をたたいてみてはいかがだろう。
2017_04-28_i-accompanied-kumejima-strengthening-camp-in-awamori-club-activities_setagaya-tokyo062017_04-28_i-accompanied-kumejima-strengthening-camp-in-awamori-club-activities_setagaya-tokyo072017_04-28_i-accompanied-kumejima-strengthening-camp-in-awamori-club-activities_setagaya-tokyo08

泡盛部データ

・主宰:梅田知行、部長 小西美穂子
・スローガン:もっと泡盛を日常に
・活動日時:毎週木曜
・活動場所:東京 世田谷 升本屋(所在地:東京都世田谷区北沢5丁目35-21)
・レギュラー会:毎週1蔵1銘柄(一般酒)
・総括会(総括会、中総括会、大総括会)
 〇レギュラー会を4回終える毎に「総括会」
 〇総括会」を3回終える毎に「中総括会」
 〇「中総括会」が4回終われば「大総括会」アワード(味・ラベル)決定
 ※総括会への参加は、レギュラー会への参加経験があることが条件
・extra会:(蔵元さんとの交流など)
・入部条件:「泡盛が好き」or「活動に興味がある」20歳以上の方
・部費(参加費):レギュラー会1500円(泡盛+軽食+ウコン粒一包)
・泡盛に合う料理の持ち込みも可
・連絡先:info■masumotoya1949.com(送る際は“■”を“@”に変えてください)・03-6904-6331
・泡盛部FACEBOOK PAGE:http://www.facebook.com/awamoribu
・泡盛部公式ブログ:http://awamoribu.exblog.jp/

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る