アーカイブ:2007年

  • awamori_yomoyama_99_the-author-of-nishinjobushi-is-unknown-but-i-want-to-clarify-its-origin

    西武門節(にしんじょうぶし)は作者不明、その由来を明確にしたい

    首里の方で初代東京泡盛同好会会長だった新崎盛敏さんというインテリが居た。新宿の泡盛居酒屋あたりでも一タ酌み交わしたこともあったが、長年東京に在りな がら幼年の頃のウチナーが実にはっきりと憶えていた。この人が面白い話を書い…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • awamori_yomoyama_98_contributed-memorial-100-times_kozakura-story_slider

    書き続けて100回~小櫻でささやかに乾盃するか~

    国際通りの牧志交番所横からちょっと入った所の左側に、小料理店「小櫻」がある。つまりグランドオリオンの真後になる。この通り名を“龍宮通り”と称している。この店は、今年で開店52年にもなり、沖縄では最も古い老舗である。私がこ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • awamori_yomoyama_97_amami-oshima_brown-sugar-shochu_story_slider

    奄美の黒糖焼酎は元気~業者が約1千トンを移入~

    【2007年2月号の続き】前号で宮里武秀さん(故人)の言葉に唖然としたと書いたが、それは泡盛酒が持つ全く未知の世界であり、せめてそれを汲んで1升びんに一杯詰めて県の工業試験場で分析をさせたかったからであった。その中にはど…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • awamori_yomoyama_96_after-the-defeat_raw-materials-of-awamori-is-sugar-or-sweet-potato_slider

    敗戦後はザラメも原料~泡盛はまだまだ奥が深い~

    今でこそ泡盛の原料はタイ米で沖縄産の米も若干使用しているが、38年前の小紙醸界飲料新聞の創刊の頃は唐芋やザラメが主原料であった。いや黒砂糖があった。わけでもザラメは長らく使用されていた。それの卸元は那覇市松山の卸問屋街の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • awamori_yomoyama_95_not-neglect_shima-pet-name_slider

    蔑視ではない「シマー」~「愛称」と理解している~

    何回でも書くが、昔は琉球泡盛の呼称を「シマーグヮー」と言っていた。これをウチナンチュウは自県産酒を蔑視して飲まなかった云々と敗戦後このかたの文献には書いている。これは読者や業界及び関係者も総てそのような見方をし又、そのよ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

更新情報

更新情報

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る