新容器12月頃~“やどかり 商い”脱皮~(昭和47年9月15日)

  • [公開・発行日] 1972/09/15
    [ 最終更新日 ] 2016/08/04
   

1972_9_15_awamori-new-container_beer-bottle-departure琉球酒造組合連合会(佐久本政敦会長)では、懸案の新しい容器を遅くとも今年12月初旬頃からは実施したいとしている。

琉球泡盛は戦後このかた、ビール瓶に詰められ、“やどかり商い”をしてその商品価値を低下させているきらいがあるが、独自の新容器の開発使用により、消費者人気も高まるものとみられている。

720ml新容器も1升瓶タイプのものになるようだ。

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る