私の好きな酒 その3 ビール 根波朝造(昭和45年1月1日)

  • [公開・発行日] 1970/01/01
    [ 最終更新日 ] 2015/12/05
   

琉球精油株式会社 社長 根波朝造

“あけましておめでとうございます”私は以前茨城の或る造り酒屋に4年位働いていましたが、1970_1_1_my-favorite-sake_naha-cyouzou_ryukyu-essential-oil-ltdそこで盗み酒を飲み、その味がまだ忘れられない。酒屋では仕込みが終わるとコシキだおしと称して祝があるが・・・。

(丁度棟上げみたいなもの)その座で親方から呼ばれ、君酒が飲めるようになったそうだねと云われ、親方の前でいくら位い飲めるか飲んでみろと云う訳だ。あの時は逃げ出したんだが、何しろ向こうの連中は軽く二升位は平らげるから、いくらこちらが飲めるようになったとは言っても二升はね・・ハハハ。

私は戦前からビールもなかなか飲めず、ビールが飲める時代がやってきたら今度は金が無く、或る程度小使いが持てるようになったら、今度は胃を悪くして、仲々ビールにありつける機会がなかった。

私は30年来毎朝冷水摩擦を実行してきているが、之(これ)も今はシャワーで体を洗い流し、そのあとで体操をして汗を流し扇風機にあたり、それからビールを飲んで体の内側を洗い流す、その時のビールのうまさは何にも例えようが無いですね。そのあとの澄みきった小便の気持ちよさは何とも云えない。

私はビールは酒とは思っていない。清涼飲料水かお茶がわりに思っているが、ビールはおいしいだけでなく栄養があって、数年前45キロ位だった私の体重は1日1ダース(大瓶12本)位飲んでいたら、1~2年のうちに70キロオーバーし、太りすぎてびっくりして、1日6本に減らし、現在65キロ位に押さえて居る。

私は会社設立当時は胃が悪く、随分苦しみましたが、丁度その頃からオリオンビールが出廻るようになったので、流動食が欲しい時であり、ビールを飲み始めたのがそもそもの始まりで、以来健康そのもの、病気一つしない。

米食は1週間に1~2回であとはビールが主食で野菜類とツマミ位食べているが、ビールさえ飲んでおれば病気もしないものだ。私は従業員にも家族にも常々ビール位飲めんでどうするかと大いにすすめている。

私は会社発足以来無遅刻無欠勤で朝9時までにはひと仕事終わる主義にしてい居る。その時が腹一杯ビールが入って一番元気のある時だから。それも体質かも知れないが、私はどんなにビールを飲んでも酔う事はない。一度でよいから酔ってみたいと思うがダメですね。

飲んだらよく上司の陰口や仕事上のことで言い争うものがいるが、そう言う奴はビールなんか飲む資格が無い。いずれにしても正月だ。経済成長の賜で手近にビールもふんだんに飲める世の中に住んでいる自分はつくづく幸せものだと思っている。

「私の好きな酒 その4 具志堅興一」につづく

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

ページ上部へ戻る