沖縄県産インディカ米元年!泡盛原料米、本格作付け開始!

  • [公開・発行日] 2019/08/26
    [ 最終更新日 ] 2019/08/27
   

令和元年8月24日(土)、名護市真喜屋の水田にて、地元農家の指導の元、泡盛業界関係者が泡盛原料用長粒種米(インディカ米)の作付けを行った。琉球泡盛の海外輸出を官民一体となって推進する「琉球泡盛海外輸出プロジェクト」の一環。

真喜屋の農家では、約10アール(1,000平方メートル)に長粒種米”夢十色”の苗を植え、12月に500キロの泡盛原料米の収穫を目指す。

IMG_7785

また、同プロジェクトにおいては、夢十色の他に、北陸193号やYTH183など品種を変え、約30アール(3,000平方メートル)の規模で、名護、八重山の両農業試験場においても泡盛原料用米の栽培を行う。

さらに、本年の目玉は、伊平屋島においての約30ヘクタール(300,000平方メートル)の泡盛原料用長粒種米の作付け。この規模での泡盛原料用長粒種米の県内生産は過去に例がない。

同プロジェクトにおいては、沖縄県産長粒種米を原料とすることで、輸出における泡盛の付加価値を高めることを目的としているが、一方で、国内の泡盛愛好家からも、県産長粒種米での泡盛製造を求める根強い声もあり、今後、県産長粒種米の需給動向から目が離せない。

IMG_7761

IMG_7808

IMG_7800

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報


プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る