平成25年の琉球泡盛賞(平成25年12月21日)

  • [公開・発行日] 2013/12/21
    [ 最終更新日 ] 2016/05/24
   

指導助言に大きく貢献 -百瀬 恵夫さん-

150-005-ryukyuawamorisyo

百瀬恵夫さん

 平成25年の琉球泡盛賞に百瀬恵夫氏が選ばれた。百瀬氏は明治大学教授時代に中小企業経営と組合に関する研究・実践活動の専門家として昭和59年に沖縄県酒造協同組合の「泡盛の県外市場戦略」(組合マーケティング強化事業報告書をまとめたことを機に以来、当泡盛業界の各種施策の取りまとめ責任者として強力な指導、助言を行い今日ある業界の発展に大きく寄与した。特に平成15年の国税庁委託事業「泡盛製造振興に関する調査検討会」の委員長として尽力し、平成16年6月1日には「泡盛の品質表示に関する自主基準」を制定し、古酒に対する消費者の信頼、評価を大きく高めた。また、泡盛の県外出荷拡大を図るための「県外出荷推進協議会」。協同組合琉球泡盛古酒の郷構造に係る「古酒の郷」推進委員会等各施策委員会の座長、委員長として奔走され、今日ある泡盛業界の礎に極めて貢献した。その功績は多大である、と評価された。昭和10年3月15日生まれ(78歳)長野県出身。

沖縄を代表する企業らしく

百瀬恵夫氏談「泡盛の県外市場戦略、協同組合マーケティング強化事業報告書をまとめたり、各種の施策の取りまとめ責任者として指導助言等をやって来た者としてひと言いいたいことは、沖縄を代表する事業として、足の引っぱり合いを止めないと沖縄の泡盛の発展はありません。結果としては。

平成25年12月21日掲載記事

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る