第4代沖縄県泡盛同好会会長、呉屋秀信氏死去

  • [公開・発行日] 2017/07/06
    [ 最終更新日 ] 2017/07/12
   

2017_07-04_mr-hidenobu-goya-died_4th-okinawa-prefecture-awamori-club-president1986年から2006年まで20年間、沖縄県泡盛同好会の第4代会長を務めた呉屋秀信(ごや・ひでのぶ)氏が4日午後豊見城市内の病院で死去した。享年89歳。

沖縄県がウイスキーなどの洋酒全盛だった時代においても、常に泡盛を手にし、琉球王朝時代からの歴史を持つ伝統の酒を尊んでいた呉屋氏。弊紙創刊編集長故仲村征幸のよき理解者でもあった。

1928年西原町生まれ。終戦後、農機具を造る鍛冶屋からスタートし、一代で連結売上が1000億円を超える金秀グループに育てた。沖縄経済界の重鎮として大きな影響力を持つに至った呉屋氏が、琉球泡盛を心から愛する姿を県内外にアピールすることが、泡盛の普及、発展に大きく貢献したと業界関係者は口々に語る。2009年には、泡盛業界の発展に貢献、尽力した人物に与えられる「琉球泡盛賞」を受賞した。

[PR]

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る