【読者投稿】大阪発!新しいスタイルの泡盛イベントを提案

   

アワモリ×アワヒニメニュー試作会

大阪では残念ながら泡盛はまだまだ知られていません。泡盛を知っている方でも「泡盛は強い、きつい」という先入観から敬遠される方も多いようです。また「泡盛といえば沖縄料理」というイメージも泡盛が広がらない理由の一つに私は感じています。

そこで大阪で泡盛ファンを増やすために、泡盛の持つ既存のイメージを再構築しようと2月27日、大阪市中央区の珈琲専門店「アワヒニ」で新しいスタイルの泡盛イベント「アワモリ×アワヒニメニュー試作会」を開催しました。

どんなイベントにしようかと企画を練っている時に、泡盛の飲み方や合わせるメニューを考えていたら、これがものすごく楽しかったので、主催者がメニューを全て完成させて一方通行的に提供するのではなく、参加者と一緒にメニューを作りあげること、またその過程も楽しもうというコンセプトからメニュー試作会というスタイルにしました。

また、まずは泡盛を知らない女性にイメージを変えていきたいと思い女性限定のイベントにしました。

イベントは事前に参加者を募りプレ試作会で作ったメニューを試飲、試食しながら進んでいくのですが、「思っていたよりも泡盛って飲みやすい」、「炭酸、氷がもっと多いほうが女性には飲みやすいと思う」、「ワイングラスで飲むだけで泡盛のイメージが変わる!ミントを浮かべるとオシャレかも」と女性ならではの感性が感じられる意見や新たなアイディアがどんどん飛び出してきました。

また、「沖縄で飲んだ泡盛メーカーの泡盛珈琲よりも美味しい!」、「お酒を飲んで感動したのは久しぶり!!」などメニューの中で参加者全員が絶賛したのが瑞穂酒造の「美ら燦々」を使ったアワヒニ特製泡盛珈琲でした。黒糖酵母を使った「美ら燦々」は芳醇な香りとまろやかな甘さとかすかなほろ苦さが特徴的で、珈琲専門店ならではの本格的なコーヒーとの絶妙な味わいの泡盛珈琲に仕上がりました。

さらに参加者が持参した江崎グリコの高級版ポッキー「バトンドール」を添えてみたところ見た目のバランスも良く。泡盛珈琲に浮かべたホイップクリームを混ぜるのにも好都合で、泡盛珈琲の完成度を高めてくれました。参加者の感想やアイディアが後押しになって、近いうちに泡盛珈琲はお店の新メニューとして加わる予定だそうです。

イベントを終えて、メニュー作りというゴールがあることで参加者の気持ちがまとまり、単に泡盛と料理の美味しさだけではない「面白さ」を作り出すことができました。今後も継続的に開催して、大阪で泡盛を楽しむのにふさわしいメニューを参加者のみなさんと完成させることを目指していきたいと思います。また、完成した料理もお店の定番メニューとして加わることになっています。

「沖縄料理以外」、「女性向け」、「メニュー作り」といったこれまでの泡盛イベントと少し視点を変えるだけで、新たに泡盛に興味を持つ人が増えていきそうだという手応えがありました。こういったイベントを泡盛がメニューにないお店で開催することで、泡盛を扱う飲食店を増やすきっかけとなり、さらには泡盛を気軽に楽しめる店が増えることで、大阪での泡盛ファンを増やたいと活動を続けていこうと思います。

(伊藤薫/大阪在住)

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

ページ上部へ戻る