神村酒造が自社窯開発(昭和47年9月15日)

  • [公開・発行日] 1972/09/15
    [ 最終更新日 ] 2016/09/15
   

神村酒造(神村盛也社長)では、このほど自社窯場を開発、10月頃から操業することになった。

これは復帰後同社製品の壺ものがますます観光客に受け、貯蔵製品は豊富にあるものの、壺が間に合わない状態にあったため、自社開発に踏み切ったもの。

また同社では本土向けの木香酒“暖流”の35度もの(1.8L)も新しく発売、月に500本の輸出をしているが、人気は上々だと同社では語っている。
1972_9_15_kamimura-syuzou-to-develop-its-own-kiln

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

ページ上部へ戻る