業界に人気Zボイラー(昭和46年7月30日)

  • [公開・発行日] 1971/07/30
    [ 最終更新日 ] 2016/05/02
   

1971_7_30_z-boiler_miura-kougyou泡盛業界、洋酒業界や、清涼飲料業界でただいま人気上昇中なのが、三浦工業KK製作、沖縄総代理店・沖縄サイト(小野正信社長)のZボイラーである。本島内は勿論、宮古、八重山の業界まで伸び、すでに100基近くも斯界に入っている。

人気の要因は次の諸点に集約される。つまり、0.5トン(5,000ドル)まで無免許、無検査で操作できる便利さがあるが、1トンものが欲しければ0.5トン2基を接続して使用することができ、(無免許)経済的である。又、中にZ型チューブが入っており、危険率が非常に少ない。(破裂しても中のチューブだけで、取り換えればよい)。

次に煙が少なく、(肉眼で見えないほど)スペースをとらないこと等であるが、D-100型がクリーニング、食品工場向、D-200型から1,000型までが酒造業界向だと同社では語っている。支払い方法は港着の段階で契約金として30%、工場着で30%、据付完了後に40%支払いとなっている。

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

ページ上部へ戻る