梅酒とハブ酒新発売~醸界だより~(昭和45年1月1日)

  • [公開・発行日] 1970/01/01
    [ 最終更新日 ] 2015/11/30
   

沖縄酒類醸造株式会社(現瑞穂酒造。代表者玉那覇有義氏)では昨年12月15日付で雑酒製造免許が交付され、1970_1_1_mizuho-syuzou_awamori-plum-wine_awamori-hub-sake新しく梅酒、ハブ酒を発売することになった。これは同社が1969年6月に申請してあったもので、免許条件は梅酒とハブ酒に限定され、期間は1970年12月迄の1ヶ年間となっている。

当初梅酒は旧正から1,800?(十石)位いを売り出していきたいと云っている。狙いは復帰後、本土の焼酎の直接の進出は考えられないが、梅酒等にかえて入ってくる可能性は十分にあるとみており、そうなると間接的に本土の焼酎が入ったことになり、その点、本場琉球泡盛で作った梅酒で太刀打ちしていこうと云う、いわゆる機先を制したというのが同社談。

ハブ酒は年間20~30石(約3,608~5,410リットル)を予定していると云う。

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る