沖縄黎明工場が万博出展祝賀パーティー(昭和44年11月1日)

   

沖縄黎明工場(社長・安田繁史氏)では同社製品の日本酒“黎明”が来る1969_11_1_world-expo-celebration_okinawa-soumei-koujyou1970年3月から開催される日本大阪万国博に出展されるのを契機に、去る10月22日、29日の両日に且つて盛大な祝賀パーティ―を中部のコザパレスで催しているが、今度は沖縄最大の消費都市那覇でも一大キャンペーンを展開することになっている。

日本酒“黎明”は何時でも新鮮で防腐剤が入らないと云うのが一番の特徴となっているが、去る10月22日はコザ市、宜野湾市を中心に、又29日は石川市、与勝を中心にそれぞれ謝恩パーティーを催して、消費者にふんだんに清酒“黎明”のよさをPRしているが、来る11月10日午後6時から沖縄配電ホールで、約1,000名の中堅層を招待して、万博出展祝賀会を催すことになっている。

当日は長崎の黎明酒造株式会社からも製品が出され消、費者にサービスするという本紙が万博ニュースをもたらし特集して以来、洋菓子メーカーや一般消費者からの祝電や来訪を受け嬉しい悲鳴をあげている。

同社の今回の一連PRは地元が産んだ世界の酒としての躍進への門出と云えよう。尚、同社の万博出品番号はPO4-SO4-43番となっている。

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る