宮古のバーに泡盛は無い~デパートにあるのは瑞穂だけ~

   

我が沖縄における酒類の変換の一端を眺めてみたい。yomoyama_43_1969_Depart_oogoshi_mitsukoshi_awamori-price_mizuho1969年に私がデパート大越(旧沖縄三越、現HAPiNAHA、那覇市牧志)で調べた酒類の価格(小売り)帯は次のようになっている。勿論沖縄のドル時代である。

1969年、デパート大越で調べた酒類の価格(小売り)帯

酒名 価格
ジョニーウォーカー黒 10ドル
ジョニーウォーカー赤 5ドル
オールドパー 8ドル~12ドル
ホワイトホース 5ドル
ナポレオン 25ドル
VSOブランデー 4ドル40セント
シーグラムVO 4ドル90セント
シーグラムセブン 4ドル30セント
サントリーオールド 5ドル30セント
サントリーレッド(キング) 4ドル
月桂冠 3ドル
菊正宗 3ドル
キリンビール(打) 6ドル40セント
キリンビール(半打) 3ドル30セント
サッポロビール(打) 6ドル40セント
サッポロビール(半打) 3ドル30セント
オリオンビール(打) 4ドル25セント
オリオンビール(半打) 2ドル40セント
瑞穂古酒45度 1.8リットル 3ドル50セント
瑞穂古酒45度 720ml 1ドル80セント
瑞穂古酒45度 360ml 1ドル20セント
瑞穂古酒35度 360ml 1ドル

※打:ダースのこと。12個、また12個のもの一組み。

等となっている。

今から33年も前の、いわゆる戦後沖縄におけるウイスキー全盛時代の話である。デパート大越の酒類コーナーは沖縄で売られている酒類の約70パーセントを取り扱っていた。我が泡盛はその中でたったの1銘柄だけであった。実にさみしい思いをしたのを覚えている。しかも清酒並の値段ですよ、古酒45度の1升瓶で。

更に1970年に私が宮古のバー、キャバレーの飲み代、価格を調べた時1番がっくりし傷心したのは泡盛が一切置かれてないことであった。このことは全県下でいえることではあった。

今から32年も前のことである。

ちなみにその価格帯をピックアップしてみると…。まずその年の値上げの理由として諸物価の高騰を述べている。

1970年代のバーやキャバレーなどのお酒の値段

酒名 価格
オリオンビール(大瓶) 1ドル20セント
輸入ビール(中瓶) 1ドル20セント
ホワイトホース(1本) 15ドル
ホワイトホース(ハーフ) 8ドル
VO(1本) 15ドル
VO(ハーフ) 8ドル
VOセブン(1本) 15ドル
VOセブン(ハーフ) 8ドル
ニッカ(1本) 6ドル
ニッカ(ハーフ) 4ドル
ジョニーウォーカー黒 25ドル
ジョニーウォーカー赤 15ドル
トマトジュース 1ドル

等となっていて泡盛のアの字もメニューにはなかった。

ウイスキー1本の価格が15ドルや25ドルといえば当時の平の月給の半分かそれ以上の金額である。

それでも当時のウチナーンチューの殆どのサキヌマー達は、このウイスキーを飲みにバーやキャバレー通いをしていたのであるからエラかった、と称賛すべきなのかどうか私には未だにもってその心情が理解できない。

しかし、あの当時は泡盛メーカー自身が輸入ウイスキーを飲みながら「どうしたら泡盛が売れるのかなあ」なーんて話し合っていた時代だったから宜(うべ)なるかなではある。

そういえばあの頃よく見かけたのがタバコ。

常日頃吸っているのは島産品の「うるま」や「バイオレット」「ロン」でありながら何故か飲み屋に行く時にはフンパツして必ず洋モクを買っていた。これなどは一種の虚栄心ではなかっただろうか、と私には思えた。

ウチナーンチューは昔から遠い海の彼方から入ってくるモノは自分たちのモノよりも優れている、或いはうまいという先入観をもっているきらいがある。

人間だってそのように見る人だっているのではなかろうか。

ま、だいぶ理屈っぽい論法になりかねないのだが、そこはひとつ自分の取って置きの年代もののクースを飲んで、さわやかな気分で熟睡しましょう。

をがでのかれらぬ しゅゆりてんぎゃなし あしでのかれらぬ おちゃやおどん 
茶屋節

2002年7月号掲載

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

ページ上部へ戻る