第39回宮古の産業まつり(宮古島市民球場)開催!(文/二代目預)

   

平成28年11月19日(土)、20日(日)の両日、宮古島市民球場屋内練習場及びその周辺施設にて、第39回宮古の産業まつり(主催・同実行委員会)が開催された。泡盛酒造所からは、多良川、宮の華、菊之露酒造がブースを構えた。

まつりは、宮古島商工会議所会頭で同まつり実行委員会会長の下地義治氏の「宮古の特産品に触れ、その品質の良さを再認識してほしい」との挨拶よりスタート。
2016_11_19-20_sneak-report_miyako-island-industry-festival01泡盛ブースで最も目を引いたのは、宮古島で発見された宮古島原生酵母仕込みの泡盛「MY17」とその古酒や、本年度の泡盛鑑評会において県知事賞を受賞した「久遠43度」、そして販売30周年目を迎えた「琉球王朝」を展示販売した株式会社多良川のブースである。

2016_11_19-20_sneak-report_miyako-island-industry-festival02MY17は、環境省が実施した、宮古島でサトウキビの廃糖蜜からバイオエタノールを得る実証事業(エコ燃料実用化地域システム実証事業)の過程で発見された優良酵母を、多良川の技術で商品化した泡盛で、甘みを感じさせる成分である4VG(バニラ様の香りの元)が通常の6倍以上含まれているとして当時話題になった泡盛である。

この度の産業まつりでは、その古酒が限定販売されたが、試飲させてもらうと、その味は噂にたがわぬ、甘く、まろやかな特級の古酒となっていた。一方、一年酒として販売されていたMY17は口に含んだ瞬間に「古酒?」と思わせる甘さがあるが、次の瞬間に泡盛独特の力強さ、そしてもろみのほろ苦い余韻が残る味の三重奏状態。思わず「凄い!」と口走らざるを得ないほど、過去の泡盛との違いが明確な絶品となっている。

宮の華のブースにおいては、飲み口のやわらかさに定評がある豊見親(とぅゆみゃ)、力強さも備えた華翁(はなおきな)、熊本県産米で醸したうでぃさんの酒を中心に人気を博していた。

(二代目預)
2016_11_19-20_sneak-report_miyako-island-industry-festival032016_11_19-20_sneak-report_miyako-island-industry-festival042016_11_19-20_sneak-report_miyako-island-industry-festival052016_11_19-20_sneak-report_miyako-island-industry-festival062016_11_19-20_sneak-report_miyako-island-industry-festival072016_11_19-20_sneak-report_miyako-island-industry-festival082016_11_19-20_sneak-report_miyako-island-industry-festival09

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る