古くて新しい角打ちスタイル(エンジェルシェア)

  • [公開・発行日] 2015/10/02
    [ 最終更新日 ] 2015/10/10
   

那覇市おもろまちの那覇メインプレイス近くに、沖縄で珍しい「角打ち(かくうち)」のできる酒屋があります。
2015_10_Angel_share_standing_drunk_entrance
角打ちとは沖縄ではあまり聞かない言葉ですが、その語源は酒屋の店頭で量り売り用の四角い升の角に口をつけて枡酒を直接飲むことから、転じて酒屋の店頭で立ち飲みすることをいいます。

沖縄では酒屋で角打ちや立ち飲みをする文化はこれまでありませんでしたが、本土で学生や社会人として過ごしたことのある人は、酒屋の軒先での角打ちする人々を見かけたり、自分自身が角打ちを経験したりしたことがあるのではないでしょうか?

エンジェルシェアがオープンしたのは約3年前。

2015_10_Angel_share_standing_drunk_awamori_2店内は木目調な落ち着いた雰囲気で、角打ちといってはいるものの店の奥にはじっくり座ってお酒を楽しめるカウンター席やテーブル席があり、ゆったりとしたジャズBGMが流れ、酒屋というよりも洒落たカウンターバーのような佇まいです。

店頭には泡盛はもちろんビールや焼酎、ウィスキーなどが並び買い上げたお酒をその場で飲むことができ、銘柄によっては泡盛やウィスキー、焼酎など一杯売りもしています。

角打ちのいいところは普段飲んでいるお酒以外のものを、安く試飲を兼ねて楽しめるところにあります。

お客さんはネットやクチコミで角打ちができると知ったという常連さんが多く、仕事帰りはもちろん、2015_10_Angel_share_standing_drunk_landscape遠方からウォーキングでここまで来て、角打ちをしつつ晩酌用のお酒を買い求め、ゆいレールを使って帰る方もいるそうです。 また、週末になると散歩がてら寄り、昼間から軽くいっぱいというお客さんもいます。

ツマミは基本的に缶ツマと乾き物がある程度ですが、持ち込みも相談に乗るそうです。

普段飲んだことのない泡盛を数種類買い上げて、友人や飲み仲間と飲み比べを行い、残ったお泡盛は各自持ち帰るなんて飲み方もいいかもしれません。

ただし、あくまでも基本は酒屋さんですので、マナーを守り、居酒屋気分のいいあんべーになりすぎないように気を付けましょう。

住所:沖縄県那覇市おもろまち4-6-6
電話:098-943-0222
営業時間:13:00~21:00
休み:日曜、祝日
HP:http://angelshare.ti-da.net/

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る