私の好きな酒 その1 前文(昭和45年1月1日)

  • [公開・発行日] 1970/01/01
    [ 最終更新日 ] 2015/12/04
   

“酒に貧富の差はな”とはよく言ったもので、放浪者だろうが銀行の頭取であろうが、酒は等しく飲むものである。最近は嗜好の変化と言うか、愛酒家もマイペース主義で、飲む人が多くなってきていることは時代というべきか。

人によっては酒での失敗も数多くあろうし、反面酒で一命が救われた例だってあるし、健康増進に役立てた例もまた数多くある。ここに登場して貰った5人の方々は各々好みの酒について語っている訳だが、酒を通して人間味と言うか、人生について語っていると見た方が正しいでしょう・・・。

隣からいつも文句ばっかり言われている飲んべえ、泣き上戸、馬酒、豚酒、ケンカ酒、犬酒?の方々へ、新春酒飲み処方箋。ソーグワチジャキ(正月酒)をチビリチビリ飲みながら、あなたも見習ったらどうでしょうか。今年からでも・・・1970_1_1_my-favorite-sake_preamble

「私の好きな酒 その2 泡盛 高良一夫」に続く。

[PR]

関連記事

アーカイブ

更新情報

更新情報

ソントキノ泡盛

ページ上部へ戻る