カテゴリー:酒造所

  • 1972_1_30_zuisen-syuzou_changes-to-the-corporation-from-the-joint-stock-company

    瑞泉酒造が株式へ(昭和47年1月30日)

    合資会社瑞泉酒造工場(佐久本政敦社長)では、かねて株式会社へ移行を準備中だったが、去る11月1日付で認可された。 これで新会社名は瑞泉酒造株式会社となった訳だが、これは復帰に備えて会社の充実強化と販売拡張が目的であり、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1972_1_30_zuisen-syuzou_change-the-company-name_slider

    瑞泉酒造株式会社への変更のお知らせとご挨拶(昭和47年1月30日)

    瑞泉酒造株式会社 那覇市首里崎山 社長 佐久本政敦昨年中は“端泉”をご愛飲下さいまして心から感謝申しあげます。お蔭様で“瑞泉”は遂年販売数量が伸び、昨年は沖縄の泡盛業界では初めて夏場で1,000石を突破いたしました。これ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1972_1_30_carcinogenic-substance-in-awamori-are-not-included_slider

    琉球泡盛に悪い成分は含有していない!!(昭和47年1月30日)

    泡盛ガン説 “沖縄産”とは何事か カンカンに怒る泡盛業界「異常に高い食道、喉頭ガン、沖縄医学会総会で発表、沖縄産の酒とタバコに関係か」。昨年11月29日付某日刊紙朝刊9面トップ記事の見出しである。内容には「沖縄の泡盛とタ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1971_7_30_crown-trading_first-class-malt_blend-in-okinawa_molt-thank

    洋酒界の一流モルトで現地ブレンド!!(昭和46年7月30日)

    クラウン商事K.K洋酒製造部が・・・ クラウン商事株式会社(川田潤社長)洋酒ブレンド部では懸案の洋酒の現地ブレンドを開始した。これは復帰を目前に控え、同社の経営方針の一大転換だともみられるが、同社にしてみれば、復帰がど…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1971_7_30_18th_general-meeting-of-the-japan-sake-central-union_first-participation-is-awamori-trader_slider

    泡盛業界から初参加~日本酒造組合中央会で第18回通常総会~(昭和46年7月30日)

    復帰後は温かく迎えよう 日本酒造組合中央会の第18回通常総会が去る6月9日より熊本市民会館で開催されたが、今回からは琉球泡盛業界からもオブザーバーとして総会に出席、総会の雰囲気に上気する場面もみられた。 組合員、醸友…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1971_7_30_crown-trading_perform-a-blend-of-the-whiskey-in-the-field_slider

    洋酒のクラウンが、現地ブレンド本格化(昭和46年7月30日)

    クラウン商事株式会社(川田潤社長)洋酒部では、洋酒の現地ブレンドを本格的に開始した。同社の川田社長は文字通り沖縄に於ける輸入洋酒の草分けで、洋酒を手がけて20年のキャリアを持つが、同氏のモットーは輸入洋酒と全く同じウイス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1971_7_30_pineapple-brandy_first-shipment_kouyou-sangyou

    興陽産業がパインブランデー初出荷(昭和46年7月30日)

    世界でも初めてだと云われている、パインからブランデーを作っている興陽産業株式会社(仲村清秀社長)では、取引契約を交わしていた日本興陽株式会社(東京丸の内在の貿易業者)向け、来る8月17日に初出荷する。今度出荷される原種は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1971_7_30_established-a-laboratory_zuisen-syuzou

    瑞泉酒造が研究室を設置(昭和46年7月30日)

    瑞泉酒造工場(佐久本政敦社長)では、工費約2,000ドルをかけて同工場内に酵母の純粋培養菌研究室を設けた。滅菌器、培養器、孵卵器と揃えてあるが、今後は学理的な面からの時代であり、統一菌を同社の未納税移出業者に配ると同社で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1971_4_29_mizuho-syuzou_twenty-thousand-stone-factory_complete-reception_slider

    瑞穂酒造、経営方針発表会開く~2万石工場落成を記念して~(昭和46年4月29日)

    瑞穂、復帰への基本姿勢、経営改革強く打ち出す沖縄酒類醸造株式会社(玉那覇有義社長)では、首里末吉町の同工場内に新しく完成した天龍蔵の落成を記念し、去る4月10日午前10時から経営方針発表会を開き、続いて午後2時からは内外…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1971_4_29_mizuho-syuzou_management-policy_slider

    瑞穂酒造、1971年度経営方針(昭和46年4月29日)

    創業嘉永元年、124年の歴史を有する瑞穂酒造はこのたび2万石工場落成を迎え、かつ経営方針発表会を催す事が出来ましたことを社員の皆様と共に喜び祝いたいと思います。去った第2次世界大戦で全てが廃虚と化した中から、いち早く我が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

アーカイブ

更新情報

更新情報


プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る